老人保健施設かみつが

かみつがについて

わたしたちの理念

自分らしく、
暮らしていただくための
お手伝い。

介護を要する高齢者・障害者に対し、看護・介護やリハビリテーションを中心とする医療ケアと日常生活サービスを総合的に提供する施設です。高齢者・障害者が家庭復帰をめざして日常生活能力を可能な限り、維持回復するためのお手伝いをさせていただきます。

また、ご利用になる方が明るく家庭的な雰囲気の中で、生き甲斐のある療養生活が送れるとともに、地域や家庭との結びつきを大切にした運営を目指しています。

  • 写真 01
  • 写真 02
  • 写真 03

基本方針

  • 私たち職員は、
    お約束します。
  • 一、利用者へのサービス提供・支援に必要な技術と知識の習得、研鑽に努めます。
  • 一、利用者の意思を尊重します。
  • 一、利用者に応じた安全で質の高い医療、看護、介護、リハビリテーションの提供に努めます。
  • 一、多職種からなるチームケアで、早期の在宅復帰に努めます。
  • 一、自立した生活が継続できるよう総合的に支援します。
  • 一、家族や地域、関係機関との交流・連携を促進し、一体的なケアを積極的に担っていきます。

施設長あいさつ

あなたらしくあり続けるために、
私たちができること。

老人保健施設かみつがは、鹿沼市の中心部に近い市街地にある独立型の老人保健施設です。併設施設として「在宅介護支援センターかみつが」、「鹿沼中央地域包括支援センター」があります。平成8年開設以来、「自分らしく暮らしていただくためのお手伝い」をモットーに、利用者一人一人に合ったケアのあり方を模索し、リハビリテーションにも力を入れ、高齢者の維持期のリハビリに実績を残してきました。また、老人保健施設本来の機能である在宅復帰に向け、職員一丸となって取り組んできました。これからの高齢社会の変化に対応し、医療度の高い利用者のケアにも積極的に取り組んで参ります。老人保健施設かみつがは、地域に根ざした施設として、行政、近隣の事業所とも緊密な連携を取りながら、これからのケアのあり方を追求していきます。

施設長 杉田 和彦

施設長 杉田 和彦

年間行事の紹介

四季を感じて生活していただけるように、季節感を取り入れたイベントを行なっています。

  • 表 示 お風呂の湯
  • 4月 春の遠足 さくら湯
  • 5月 花火大会 生菖蒲湯
  • 6月 ラーメン祭 森林の湯
  • 7月 七夕祭り 桃の湯
  • 8月 納涼流し素麺・スイカ割り ラベンダー湯
  • 9月 敬老祝賀会 ジャスミン湯
  • 表 示 お風呂の湯
  • 10月 秋の遠足 ミルク湯
  • 11月 芸術祭 りんご湯
  • 12月 餅つき大会 生柚子湯
  • 1月 書道展 ゆず湯
  • 2月 節分祭・しもつかれを作ろう にごり湯
  • 3月 おひな様めぐり 桃の湯

※年間行事はその年により一部変更となる場合もありますのでご了承ください。

TOP
TOP