在宅介護支援センター


地域包括支援センターとは?

地域の高齢者の心身の健康の維持、日常生活の安定、保健・福祉・医療の向上と増進のために必要な援助、支援を包括的に行います。
総合的な高齢者支援を行う機関として、専門の職員(社会福祉士、保健師、主任ケアマネジャー)が相談に応じます。また、介護認定で、要支援1・2と認定された方の介護予防マネジメントを行います。要支援1・2の認定を受け、介護保険の介護予防サービス等の利用を希望される場合にはご相談下さい。
相談は無料ですので、お気軽にご相談下さい。プライバシーは厳守いたします。


業務内容

様々な相談に対応します

高齢者のみなさんやその家族、近隣に暮らす方の介護に関する様々な相談を受けつけ、必要なサービス等につなぎます。「どこに相談すればいいのか分からない」といった場合の相談も受けつけます。


自立した生活ができるように支援します(介護予防マネジメント業務)

介護が必要になるおそれがあると判断された方(特定高齢者)や介護保険の認定で「要支援1」「要支援2」の認定を受けた方を対象に、一人ひとりの生活に合わせた介護予防サービス・支援計画書を作成します。また、介護予防サービス利用のための調整を行います。

▼特定(ハイリスク)高齢者の方の支援について
基本チェックリストと生活機能評価により、特定高齢者と決定された方の介護予防マネジメントを行います。地域支援事業(通所型や訪問型)の利用について支援を行い、介護予防のお手伝いをします。
▼要支援1・2と認定された方への支援について
介護認定で、要支援1・2と判定された方の介護予防マネジメントを行います。


高齢者の権利を守るための支援をします

高齢者に対する虐待の早期発見や虐待防止への対応、成年後見制度の活用支援などを行います。


より暮らしやすい地域にするために様々な方面からみなさんを支えます

高齢者のみなさんへの直接支援だけでなく、みなさんを支えるケアマネジャーの支援もしています。高齢者のみなさんが暮らしやすい地域にするために医療機関や関係機関とネットワークづくりや、ケアマネジャーが円滑に仕事ができるよう相談や助言を行っています。



相談窓口・お問い合わせ


鹿沼中央地域包括支援センターの利用上のきまり

PDFファイル鹿沼中央地域包括支援センター 運営規定
PDFファイル鹿沼中央地域包括支援センター 重要事項説明書
PDFファイル鹿沼中央地域包括支援センター 重要事項説明書付属文書


PDFをご覧頂くためには、Adobe AcrobatReader 4.0以上が必要です。
導入されていない方は右のアイコンをクリックして、Adobe Systemのホームページからダウンロードしてください。
なお、ダウンロード及びインストールに関するお問い合わせは、アドビシステムズまでお願いいたします。
Get Acrobat Reader